カンジダ,原因,症状,陰部,かゆみ,カンジダの再発防止

カンジダの原因と症状を知ってカンジダに勝つ!!

カンジダの再発防止                                          

膣カンジダは女性がなりやすいのですが、一生のうちでカンジダになる女性は
70〜80%と言われています。
一度カンジダになると、再発しやすく、完全に治る事はないので
上手に付き合っていくしかありません。

 

膣カンジダは繰り返しているうちに慢性化し、何年にもわたって女性に不快な症状をもたらすことがあります。

 

再発すれば、また痒みがおき、病院に行き治療を始めないといけないので
憂つになりますよね。
カンジダを再発させないように日常生活を送りましょう。

 

カンジダ菌の恐ろしいところは、再発と治療を繰り返すことで
カンジダ菌が薬に対して耐性がつき強くなっていきます。
そうなると膣カンジダの完治まで時間がかかるようになったり、
完全に治らなくなる可能性が出てきます。
再発しないように、しないといけません。

 

膣カンジダを再発させない9の事

 

膣を洗いすぎない事

石鹸など使ってもいいのですが、手で優しく洗う程度で問題ありません。
体をタオルで拭くときも陰部はしっかり拭いて、水分を取ってください。
蒸れるとカンジダが喜ぶ環境になります。

 

体力の低下を抑える

体力の低下、免疫力の低下によりカンジダ菌が発症するので
しっかり休んで体力を保つようにしてください。
ストレスも原因になるようなので、ストレスは、誰でも溜まりやすいので
発散できる事を見つけてください。

 

陰部を湿った状態にしない

生理時には常に蒸れやすくなり、カンジダになったという人がおおいです。
生理中は布のナプキンにし通気性を良くしましょう。
また、下着など閉めつける衣類の着用もよくないので通気性に意識して
衣類は選びましょう。

 

抗生物質を避ける

風邪を引いた時などに病院で抗生物質を処方されることがあるかもしれませんが
抗生物質は身体を守ってくれる菌も死滅させてしまうため
カンジダ菌が繁殖しやすくなります。
風邪が治った途端にカンジダになったという人は、とても大勢います。

 

ピルを避ける

ピルには黄体ホルモンがあり、カンジダにとって繁殖の原因になります。

 

砂糖を避ける

砂糖もカンジダにとって繁殖しやすい原因で
糖尿病の人はカンジダになりやすいので、とらないようにしましょう

 

ウォシュレットを使う

あまり使いすぎも良くないのですが、衛生的にし、ウォシュレット使用後は
しっかり水分を拭いてください。

 

たまねぎ・にんにくが効果的

カンジダ菌を殺してくれます。

 

ピンポン感染に気を付ける

パートナーに移った状態だと、治っても
また感染してしまうので、パートナーの状態も把握しておきましょう。

 

カンジダ,原因,症状,陰部,かゆみ,カンジダの再発防止カンジダの治療に効果的なクスリはこちら

 

カンジダ,原因,症状,陰部,かゆみ,カンジダの再発防止検査履歴を残さず検査する方法はこちら