カンジダ,原因,症状,陰部,かゆみ,カンジダの検査

カンジダの原因と症状を知ってカンジダに勝つ!!

カンジダの検査

カンジダの検査は病院で検査する場合、自宅で自分で検査する場合と選べます。

 

病院での検査
直接病院へ行き、問診、診断、検体の検査
約1週間後に結果が出るので、再度病院へいき結果を聞く
機密性はなく、実名での検査が必要

 

女性が病院でのカンジダの検査をする場合
産婦人科、泌尿器科で検査をします。

 

検査方法は尿検査又は、培養検査をします
培養検査は膣内の分泌物を長い綿棒の様な物で採取します。
検査自体は痛みもほとんどありませんし、病院の検査方法にもよりますが
おなかの上辺りにカーテンで仕切りがあるので何をされているのかはみえません。

 

採取した分泌物を顕微鏡で調べます。
また、カンジダ菌を繁殖させる機械があるので
カンジダ菌に感染しているのであれば、大量に繁殖します。
そうなれば、カンジダ菌と判断されます。

 

男性が病院でのカンジダの検査をする場合
尿検査がほとんどですが、亀頭と亀頭周辺の分泌物を採取します。
顕微鏡で感染しているかどうかを調べます。

 

 

自宅での検査
検査キットを購入、検体の採取、郵送
最短で2日で検査結果を確認
機密性は匿名での検査が可能
自宅での検査は病院よりも結果が早いのと
機密性がある事がメリットです。

 


検査キットの使い方の動画

 

カンジダ,原因,症状,陰部,かゆみ,カンジダの検査カンジダの治療に効果的なクスリはこちら

 

カンジダ,原因,症状,陰部,かゆみ,カンジダの検査検査履歴を残さず検査する方法はこちら