カンジダ,原因,症状,陰部,かゆみ,妊娠中のカンジダの症状

カンジダの原因と症状を知ってカンジダに勝つ!!

妊娠中のカンジダの症状

妊娠中カンジダの主な症状

 

妊娠中は膣カンジダになりやすくなります。
妊娠中は体調の変化が激しく、体力も落ち、体温が高くなり、汗をかきやすく蒸れやすくなります。
膣内が酸性からアルカリ性になり、おりものが増えます。
アルカリ性になると、雑菌などの繁殖を抑える力が弱くなってしまいます。

 

体力の低下と免疫力の低下に加え、蒸れて不衛生になると
カンジダにとって発症するもってこいの環境になります。

 

妊娠中は胎児への影響が心配になると思いますが
膣カンジダのまま出産した場合、カンジダに感染して生まれてくる可能性があります。
感染した赤ちゃんは、その後おむつで、かぶれやすくなります。
また口の中、舌にも感染してしまい白くなってしまう可能性があります。
出産前までに完治させることが大切です。

 

妊娠中のカンジダの検査は、医師から積極的には勧めてはきません。
妊娠中に感染する、発症する病気は沢山あり、何の病気に対して検査するかで
陰性、陽性と判断するので、すべての診断をするのが難しいからです。

 

そうなると、自己申告をしなければ、治療が遅くなります。
女性のカンジダの症状で説明したように
症状が少しでも出ているのであれば、自己申告し、検査をしましょう。

 

検査は尿ではなく、おりものでの検査をします。
治療は膣の洗浄と膣錠、塗薬で行い、定期的に通うことになります。
妊娠中は、この記事でも書いたように、カンジダの発症しやすい環境が整っているので
妊娠していない時よりも、治療に時間がかかります。

 

妊娠していてカンジダに感染した方は心配になると思いますが
治療さえして、出産までに完治しておけば赤ちゃんには影響はなく
重度の病気でもないので、完治まで時間もかかりません。

 

よくないのが、放置する事、自己判断でまちがった対応を取る事(悪化する為)

 

信頼できる産婦人科を見つけて、早めの治療をし
完治させてください。
カンジダはとてもしつこく、再発率がものすごく高いので
完治したら清潔に保ち、通気性をできるだけよくし
しっかり食事をとって体力をつけてください。

 

カンジダ,原因,症状,陰部,かゆみ,妊娠中のカンジダの症状カンジダの治療に効果的なクスリはこちら

 

カンジダ,原因,症状,陰部,かゆみ,妊娠中のカンジダの症状検査履歴を残さず検査する方法はこちら